らくだかご

瀬戸内海が目の前のお店。アフリカから来たカラフルなカゴや店主オリジナルのアクセサリーを取り扱う “らくだかご” のブログです。〈営業日〉木、金、土 13:00- 17:00 岡山県瀬戸内市牛窓町鹿忍7185-3 西脇海水浴場の横の堤防沿い

ハエ。

f:id:rakudakago:20170315162443j:image

 

またもや店主おしげさんのひょっこり新作です。

 

今度は、ハエ。

 

いつでもどこでもそっと(時に図々しく)人の暮らしに寄り添うハエ。

 

人を魅了する虫はいくらでもいるのに、ハエ。これがなんともおしげさんらしい。

 

本物そっくりなのに、どこか愛らしい雰囲気になったハエモチーフのアクセサリーです。

 


ハエピンバッチ (シルバー/3200円 )
ハエピアス (シルバー/ 1個売り/3500円 )
ハエリング (シルバー/ ピンキーリング/4000円 )

 


彫金という技術を持っているおしげさん。
やろうと思ったら米に字が書けるよ、
という彼のちいさな彫刻品が
このたび春の訪れとともにアクセサリーに。

 

(ワックス、という名のロウソク素材を使い、歯医者さんと同じような道具で細く堀って掘って彫刻していき、専用の業者で型を取ってもらい、ようやく金属になって出来上がるという、こんな肯定を踏んで完成します。)

 

f:id:rakudakago:20170315162555j:image

 写真撮ってみました。


ほぼ実数のハエ。

 

んふ、とにんまりしてしまいます。ハエ。
人に気づいてもらえると、えへ、となります。ハエ。

 

このおとしどころ、お好きな方にはたまらない仕上がりではないでしょうか。

 


ちなみにおしげさんは、ハエは好きでも嫌いでも無いらしいのですが、家の中にいるハエに限っては、ものすごい執念で、小さなコバエすらも一匹残らず見事な手さばきで叩きます。なんとも野生的です。

 

 

作家紹介

 

f:id:rakudakago:20170315162721j:image

【 sigeru simada 】

東京都練馬区出身、東京芸術大学工芸科彫金科を卒業後アクセサリーブランドを立ち上げ活動した後、絵画、オブジェ、音楽などの表現活動へ。
2011年に岡山の牛窓へ移住をし、三女も授かり畑でにんにく栽培にも挑戦。フレームドラム、ダラブッカ、レク、という中東の民族打楽器の奏者として音楽活動をしながらも、瀬戸内海見渡すアトリエ兼ショップの自宅でアクセサリーや小物などの金属の商品を制作し続けています。
流行などに影響の無いシンプルで落ち着いた雰囲気にまとめつつも、よくよく見ると、ちょっとにやりとしてしまう独特なユーモアがある作風を楽しんでいただきたいです。

 

 

 

 

広告を非表示にする